貯蓄を守る!資産運用法
こんな『投資情報のワナ』に引っかかっていませんか?                経済知識がなくても分かる簡単な『ワナ発見術』を身に付け、                大切な資産を守りましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#006 「単利」と「複利」どっちがオトク?
「金利」「利子」と一口に言っても
種類の異なるものもあることを、ご存知でしょうか?

今回は「金利」の中でも大きく2つに分けられる
   単利』と『複利
についてお話します。

今回は、年利を分かりやすく「10%」としましょう。
(年利とは、1年ごとに付く金利のことですね)
100万円を元本(元金)とし、運用期間は3年としましょう。

実際には、もっと年利は小さいですし、元本だって少額の場合が多いでしょう。
しかし、何年も運用することを考えれば、大きな違いが生まれます。


単利とは、
元本に金利がつくだけの、単純な計算方法。
年利(各年の金利)10%、100万円預けた場合
   1年目:100万円×10% = 10万円
   2年目:100万円×10% = 10万円
   3年目:100万円×10% = 10万円
   →合計:100万円+30万円 = 130万円

複利とは、
元本に金利を足したものです。
つまり、元本にその年までの金利がついた金額分が、翌年の元本として計算されるのです。
年利(各年の金利)10%、100万円預けた場合
   1年目:100万円×10% = 10万円
   2年目:110万円×10% = 11万円
   3年目:121万円×10% = 12.1万円
   →合計:100万円+33.1万円=133.1万円
  (数学に強い方は、“べき乗”だと気付くかも知れませんね。)

要するに、
 単利は“預けた翌年、ついた利息分を下ろす”計算式、
 複利は“預けたら預けっぱなし”計算式ですね。


分かりやすく「10%」などという大きな金利を例に上げてみました。
現在は低金利とは言え、金額が大きくなれば、また少額でも運用期間が重なれば、
リターンは大きな差になりますね。

こういった小さなことにも、気を付けてみて下さい。


スポンサーサイト

テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sisan.blog57.fc2.com/tb.php/8-49e94f74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。