貯蓄を守る!資産運用法
こんな『投資情報のワナ』に引っかかっていませんか?                経済知識がなくても分かる簡単な『ワナ発見術』を身に付け、                大切な資産を守りましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#028~#029 「灰色金利」と「過払い金」
 灰色金利ってご存知ですか?

 グレーゾーンという言葉は、
 ニュースなどで聞いたことがあるかも知れませんね。

 “出資法”で定められている上限金利(原則年29.2%
 と、
 “利息制限法”で定められている上限金利(原則年20%
 との間の金利のことです。

 出資法の上限金利(29.2%)をこえて利息をつける金融業者は、
 一般に、「闇金融業者(ヤミ金)」と呼ばれています。

 この場合、貸した業者には、契約をかわしただけで
 刑罰が科されます(五年以下の懲役/1000万円以下の罰金)。

 しかし、問題は灰色(グレーゾーン)金利です。

 “利息制限法”の上限金利(年20%)を上回り、
 “出資法”の上限金利(年29.2%)を下回る利息をつけている場合。

 この業者は、刑罰を科されることがありません

 この灰色(グレーゾーン)金利問題が、
 近年、話題になっています。

 より詳しく見てみましょう。



 出資法
   → 年29.2%(1日当たり0.08%)を上限としています。
     上記をこえる利息で貸した場合、刑罰があります
     (五年以下の懲役、もしくは、1000万円以下の罰金)
     ※ 特例で年54.75%が上限となっている業者もあります。

 利息制限法
   → ・元本が10万円未満の場合=年20%
     ・元本が10万円以上100万円未満の場合=年18%
     ・元本が100万円以上の場合=年15%
     以上の上限をこえた利息は、支払う義務がありません
     ただし、貸した側への刑罰もありません


 このような上限を知らずに借りていると、
 払わなくても良い「過払い金(余計な利息)」を払ってしまう可能性があります。

 司法書士や弁護士に、過払い金返還請求の手続をしてもらいましょう。
 ※ 債務者自身で返還請求を行うのは、現実的にはなかなか難しいようです。




―――――=広=告=―――――
三井住友銀行グループ『さくらカード』ネットde入会キャンペーン!!
◆ 入会でもれなく⇒【1,000円分のJCBギフトカード】プレゼント!
◆ 使ってもれなく⇒【3,000円分のJCBギフトカード】プレゼント!
◆ さらに抽選で ⇒【Nintendo DS Life】プレゼント!
  http://ad.affipa.ne.jp/LK00079487/PS00005177/click.cgi
―――――=広=告=―――――
スポンサーサイト

テーマ:消費者金融 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sisan.blog57.fc2.com/tb.php/9-df15e40b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。